会長挨拶

会長
会長川上 信幸
 2018-2019年度のRI会長バリー・ラシン氏は、今年度のRIのテーマを「BE THE INSPIRATION“インスピレーションになろう”」と発表されました。
 国際ロータリーの説明では、「インスピレーション」は一般的には、「ひらめき、思いつき」と訳されていますが、「激励、実行」という意味もあるということで「インスピレーションする人になろう」という解釈をするそうです。その意味するところは、ロータリアン一人ひとりが、自らが必要と思われるロータリー活動をして欲しいということだそうです。
 地区の運営方針としても、福田ガバナーは地区独自の方針は設定せず、国際ロータリーの運営方針を地区の運営方針とするということです。
 そこで、長崎東ロータリークラブにおきましても、バリー・ラシンRI会長・国際ロータリー第2740地区福田ガバナーの方針を十分理解し活動して参りたいと思います。
 また、来年度は長崎東ロータリークラブ創立50周年を迎えることになります。そこで今年度はその助走期間として、創立50周年実行委員会を立上げ、長崎東ロータリークラブ会員皆様のご協力を頂き事業計画案の策定など次年度へ向けて繋げて行きたいと考えています。そうした中で会員数を見ますと、長崎東ロータリークラブの会員数が最も多かった時期(93名)と比べますと、現在は半数以下になっています。会員数が単に多ければ良いというわけではありませんが、奉仕活動を行うにしてもかなり窮屈になっているのが実情です。そこで皆様のご協力の下、一人でも多くの仲間・友人の方をご紹介頂き、新会員として入会していただければと思います。
 未熟ではございますが、皆様のご協力を頂きながら1年間を努めて参りたいと思いますので、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

<年度のクラブ方針>
① クラブ会員相互の親睦を図る
② 地域に根ざした奉仕活動をする
③ 会員の増強を図る
④ ロータリー財団・米山記念奨学会への寄付を推進する